昨年3月に女子日本代表=なでしこジャパンに初選出されたバニーズ京都SCのDF石井咲希。

石井咲希 バニーズ京都SC

3部相当のプレナスチャレンジリーグ(当時)に所属していた選手がフル代表に招集されるのは異例中の異例だった。未だ代表デビューは果たしていないが、バニーズのプレナスなでしこリーグ2部昇格に大きく貢献した石井は、今年2月のなでしこジャパン候補合宿にも招集されている。

独自のスタイルを貫くバニーズ京都SCの守備の要にして、日本代表候補のDF石井咲希とは?

取材当日の早朝には、なでしこジャパンがアジアカップで連覇を達成した。それを見て抱く代表への想いとは…。

インタビューはもちろん、バニーズの千本哲也監督の言葉や相手選手からの声も交えてお届けします!(取材日:2018年4月21日)

【関連記事】『“認知”のプロセスで日々成長!バニーズ京都SCは「いつも通り」プレーする!』

「バニーズのパスサッカーに魅力を感じて」

――お疲れ様です。石井選手はバニーズ加入3年目になります。なでしこリーグ1部の強豪・浦和レッドダイヤモンズレディースに下部組織時代から在籍し、ユース年代の代表経験も豊富だった石井選手が、なぜ2つもカテゴリーを下げてバニーズへの加入を決断されたのでしょうか?

石井咲希選手(以下省略):キッカケは越智さん(※)からのお誘いでした。そして実際にバニーズのサッカーを観て、そのパスサッカーに魅力を感じて決断しました。

(※越智健一郎:バニーズ京都SCのゼネラルマネージャー。「京都から、日本をひっくり返す」ことを信念に、GM自らスカウティングビデオも回しに全国を駆け巡る)

――前節は見事に愛媛FCレディース相手に2-0と完封勝利を挙げましたが、石井選手は普段のセンターバックではなく、右サイドバックで先発されましたよね?

はい。先発は右サイドバックでスタートして、途中からセンターバックに入りました。

――KBS京都さんのスポーツ番組『京スポ』の中でも、「今年はサイドバックでのプレーが多くなる」と話されていました。また、試合途中から右に入ることも多いですが、これは攻撃面を期待されているのでしょうか?

今年に入ってから練習でもよくサイドバックを任されているのですが、千本監督からもよく『どんどん上がって良いよ!』と言われています。ですので、サイドバックに入るときは攻撃面を意識しています。

――石井選手はもともとユース年代の代表チームも含めて右サイドバックの選手だったと思います。それがバニーズに加入されてからはセンターバックにコンバートされました。

そうですね。実際バニーズに来た時も「サイドバックのポジションで」と言われていたのですが、加入当初からセンターバックをやっています。本職のセンターバックの選手が少なかったという部分もあったと思います。