今季初戦となった敵地でのASハリマアルビオン戦での再デビューを、自らの豪快な左足ボレー弾で飾った、ニッパツ横浜FCシーガルズの元日本代表FW大滝麻未。

大滝麻未

彼女のサッカー人生は、小学校入学当時に「リフティングを10回できたら、『いわきや』(地元・平塚市の駄菓子屋)で100円分遊んでいいぞ」という父親による“誘惑”から始まった。

以来、早稲田大学時代に得点を量産して注目を集め、なでしこリーグを経ずに欧州女王のオリンピック・リヨンに加入。なでしこジャパンにも招集され、ロンドン五輪ではサポートメンバーとしてチームに帯同した。

しかし、浦和レッドダイヤモンドレディースでのプレーを経て、2015年5月にフランスのEAギャンガンで当時25歳にして現役引退。

その後、国際サッカー連盟(FIFA)が運営するスポーツマネジメント系の大学院『FIFAマスター』に入学・卒業。昨夏にフランスで現役復帰し、今季から中学・高校時代に所属した古巣へ加入した。

そんな大滝に様々な経験を語ってもらった。(取材日:2018年4月7日 写真提供:ニッパツ横浜FCシーガルズ)

「現役選手として」東京五輪に出たい!

今季から古巣シーガルズに復帰した大滝は、『プレナスなでしこリーグ2部』の初戦・ハリマ戦で、豪快かつ華麗な左足ボレー弾を決めて会場の度肝を抜いた。

大滝は現在のなでしこジャパンのFW陣で「高さ」を求められる菅澤優衣香(現・浦和L)よりも4cm高い172cm。加えてフランスでのプレー経験も長いため、フィジカルバトルでも圧倒的に強さを発揮している。シンプルに身体能力が高いこともあるが、肩や上半身を駆使し、相手のセンターバックコンビが同時に当たりに来ても蹴散らしてしまう。

また、彼女は「止めて、蹴る」基本技術の高さを武器にしており、男子で言えば、元オランダ代表FWデニス・ベルカンプや元ナイジェリア代表FWヌワンコ・カヌのような、『最前線のゲームメイカー』としても機能する一面を持っている選手なのだ。

――お疲れ様です。2週間前のASハリマアルビオン戦も取材しておりました。あの完璧な左足ボレーでのゴラッソを間近で拝見しました。

大滝麻未(以下略):ありがとうございます!あれはホントに完璧でしたね!(笑)

――左サイドからのクロスに、少し下がりながら合わせた難しいボレーシュート。あのゴールだけでなく、現在の大滝選手はクロスに対してマイナス方向で受ける場面が多いような気がします。

1度自分でボールを収めて攻撃の起点になったり、ゲームを作りながらゴール前へ入っていくのが、自分のやりやすいプレースタイルなんです。攻撃に切り替わった時に1度マイナス方向へ動き出すのは、意識してやっている部分ですね。