『FourFourTwo』は21日、「マンチェスター・ユナイテッドのアレクシス・サンチェスは、アーセン・ヴェンゲル監督の退任について話した」と報じた。

今季途中にアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドへと移籍することを決断したアレクシス・サンチェス。

アーセン・ヴェンゲル監督によってプレミアリーグへと呼び寄せられ、世界最高クラスの選手に成長したといえる存在だ。

彼はヴェンゲル氏の退任について以下のように話し、個人的にメッセージを送ったと明かしたという。

アレクシス・サンチェス

「僕はすでにヴェンゲルへメッセージを送ったよ。ソーシャルメディアではなく、個人的にね。彼はありがとうと言っていた。

これは悲しいことだよ。彼はサッカーのレジェンドなのだからね。

リスペクトを見せてくれたジェントルマンだったし、プロフェッショナリズムを持っていた。

僕は彼に対して感謝の言葉しか持っていないんだ」