リヴァプール移籍後、ゴールを量産しているエジプト代表FWムハンマド・サラー。

0-4で勝利したプレミアリーグ第18節ボーンマス戦でも、圧巻の得点を奪ってみせた(動画1分24秒~)。

まさにアンストッパブル!

サラーはこれで早くも今季20得点。リヴァプールの選手としてクリスマス前までに20ゴールを決めるのは1986-87のイアン・ラッシュ以来のこと。

このゴールラッシュについて、ユルゲン・クロップ監督はこう述べていた。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「でも、もし今から彼がゴールを決めなくなったらどうなる?それでもシーズン20ゴールだよ。

彼がこの調子でこういうプレーを続けてくれることを楽しみにしている」