『FourFourTwo』は、「バルセロナのトルコ代表FWアルダ・トゥランは、メディアの批判に怒りを見せた」と報じた。

今月始めに行われたバルセロナとレアル・マドリーのエル・クラシコは1-1のドローで終了した。

バルセロナがリードしたまま試合終了が近づくも、最後にレアル・マドリーがフリーキックからセルヒオ・ラモスのヘディングで同点に追いついた形であった。

この場面についてファウルを与えたアルダには批判が集まり、試合後にパーティへ繰り出したという噂も流れた。しかし彼は以下のように話し、それはウソであると断言した。

アルダ・トゥラン

「クラシコでは多くの批判があった。僕が試合の終盤でやってしまったファウルについてだ。

しかし、その主張はくだらないものだ。一つのファウルだけが世界で最も大きな試合を左右したというね。

それはただのファウルだ。サッカーにおいては、我々はともに勝利し、ともに敗北するものだ。僕のファウルをドローの原因だと批判するのは、単純化されすぎた話だよ。

僕は不公平な批判を受けていると思う。彼らはスケープゴート(囮)を求めている。しかし、僕はそれに対処できるだけの経験が十分にある。

クラシコの後、僕は家を離れてすらいない。しかし、彼らはまだ僕がパーティへ行ったと主張している。そのウソは僕に影響を及ぼさないさ」

「ベンチから途中出場することは、僕にとってはあまり慣れていないシチュエーションだ。

しかし、僕はルイス・エンリケ監督の戦術を信じているし、努力している。監督のことは好きだし、僕は彼を信頼している。

彼はとても正直な男だ。そして尊敬に値する。僕は彼とともに働けることに満足しているよ」