WWEは、公式サイトで「元ドイツ代表GKティム・ヴィーゼが、トリプルHの招待を受け入れた」と報じた。

ヴィーゼは昨年フロリダ州オーランドに置かれているWWEパフォーマンスセンターで練習参加を行い、首脳陣から高い評価を受けていた。

そして今回、WWE執行委員のトリプルHによる招待を受け入れ、トレーニング生としての契約を結ぶことになったという。

彼の当面の目標は今年11月2〜9日に行われる欧州ツアーで試合に出場することであるという。

ヴィーゼは2014年にWWEのゲストタイムキーパーとしてリングに上がったことがあるが、その際にはウーソズとダンスを踊ったくらいで、特にレスラーとしての活動はしていない。

しかし今回は完全にレスラー候補としての契約であり、セカンドキャリアのアメリカンドリームに向かって歩みだした格好だ。

トリプルH

「ティムは粘り強い男だ。彼は自分の力を証明したいという野望を表明し続けている。そして、チャンスを逃すまいとするとてつもない反発力と決意を持っている。

フロリダですべてがうまく行けば、彼はリングに上がるチャンスを得ることになるだろう」
ティム・ヴィーゼ

「僕はこのために激しいトレーニングをしてきた。このチャンスを得られたことに興奮している。

どんなものが必要になったとしても、自分の目標は11月にWWEでリングに上がることだ。試合をしたいよ!」