スロベニアサッカー協会(NZS)とキットサプライヤーのNikeは18日、欧州選手権(EURO2024)に向けたスロベニア代表の新ユニフォームを発表した。

Slovenia 2024 Nike Home

スロべニア代表 2024 Nike ホーム ユニフォーム

2024新ホームユニフォームは伝統的に使い続けているホワイトを基調とし、アルプス山脈に位置するスロベニア最高峰のトリグラウ山をモチーフとしたデザイン。この山は国旗や国章にも描かれ、国の象徴とされている。

Slovenia 2024 Nike Away

スロべニア代表 2024 Nike アウェイ ユニフォーム

新アウェイユニフォームは引き続きブルーを基調色に採用。かつてのスロベニアのユニフォームではグリーンがアウェイの定番だったが、2010年以降はブルーを採用することが圧倒的に多い。

基本的なデザインはホームと同じで、トリグラウ山を中心に据えている。

予選は最多得点・最少失点で2位通過を果たし、EURO2024へのチケットをつかみ取ったスロベニア。本大会出場は実に24年ぶりのことで、前回出場はズラトコ・ザホヴィッチが注目を浴びたEURO2000だった。

この24年ぶりの大舞台に向けて用意されたのがこの新ユニフォームだが、シャツはNikeのテンプレートをベースに、2022モデルの流用ともいえるグラフィックを組み合せたものだ。

こちらが予選などで使用した2022モデルのホーム(左)とアウェイの各ユニフォーム。ご覧の通りで、トリグラウ山をデザインしたグラフィックは今回の新ユニフォームとほぼ同じである。

NZSでは新ユニフォームのデザインを、2022モデルからの“進化”だと説明する。

実は、2022モデルのデザインはファン投票によって選ばれたものだった。ユニフォームは単なるスポーツ用品ではなく「国家の誇りと希望の象徴」という考えのもと、ファン投票で選ばれ予選を勝ち抜いたデザインを今回は継承することに決めたようだ。

また、トリグラウ山を様式化したストライプと“山のロゴマーク”の位置関係については、ロゴ上に試合日や対戦相手などのマッチデイを、ロゴ下に胸番号をそれぞれプリントすることで、ユニフォームのコレクション価値を高める狙いがあるとしている。

小国好き必見!EURO2024予選「最下位10チーム」の戦況とマニアックなユニがこちら

2024新ユニフォームは、スロベニア国内の小売店では販売を開始しているようだが、オンラインでの販売は確認できていない。

欧州選手権は6大会ぶり2回目の出場となるスロベニア。6月14日に開幕するEURO2024ではグループCに所属し、デンマーク、セルビア、イングランドと対戦する。

現在では世界的にレアで懐かしい新品ユニフォームが揃う「Qoly × LFB Vintage」。街着にも使えるレトロなユニフォームが時を経て甦ります。

【Qoly × LFB Vintageはこちらです】

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名