今季からオランダの名門であるフェイエノールトでプレーしている日本代表FW上田綺世。

メキシコ代表FWサンティアゴ・ヒメネスの控えという立場のため、リーグ戦では22試合で2ゴールにとどまっている。

そうしたなか、20年以上フェイエノールトを取材しているというオランダのジャーナリストであるマルタイン・クラッベンダム氏は、『ESPN』の番組で上田についてこう話していたそう。

「選手たちに話を聞くと、彼は練習では印象的なプレーを見せていると…フィニッシュの仕方がね。フォルトゥナ戦でも有望なプレーが多くあった」

上田は練習では決定力を見せつけており、20分ほどのプレーだったフォルトゥナ・シッタート戦でも光るものがあったとのこと。

驚くべき筋肉をつけたサッカー選手10名、その「変化」を見る

ただ、同氏は、まだ上田には慣れが必要で、本領を発揮するのは来季からだとも感じているようだ。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら