多くの日本人選手が所属するセルティック。チームの得点源となってきた古橋亨梧は、アンジェ・ポステコグルー監督が去り、ブレンダン・ロジャーズ新監督体制になったことで得点数が減少している。

ただ、『The Scotsman』によれば、古橋本人は「(ロジャーズ)監督は常にチームのこと、僕らのこと、どうすれば試合に勝てるかを考えている人。選手として僕らは彼が望むプレーをして手助けをしなければいけない」と話していたそう。

また、負傷から復帰した旗手怜央については「僕らの試合を見ている人なら誰でも、怜央がチームにとってどれだけ大きな存在の選手なのか分かるはず。彼が僕らにとってどれほど重要かは明白だからね。彼はオンザボールでもオフザボールでも大きなパワーをもたらしてくれる。このチームに大きなインパクトを与える人物なので、戻って来てくれてとても嬉しい」と語っていたとのこと。

なぜか日本代表の森保監督が頑なに招集しなかった5名

復帰後の旗手は圧巻のプレーを見せており、現地でもセルティックのリーグ優勝の後押しになると期待されているが、古橋も同じ思いのようだ。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名