スタッド・ランスの中村敬斗が14日に行われたリーグアン第29節ストラスブール戦で今季3点目となるゴールを決めた。前半7分、伊東純也が右から上げたクロスに頭で合わせて得点を奪っている(動画1分から)。

日本人コンビで先制したスタッド・ランスだったが、1-3で痛恨の逆転負け。前半終了間際にPKで追いつかれると直後に退場者を出す展開だった。

伊東は後半途中に交代したが、ウィル・スティル監督は「伊東はハーフタイムに気分が悪いと言ってきた」と説明している。

日本代表、2024アジアカップで評価を上げた5名

そのうえで、指揮官は「チームとして失敗した。完璧なシナリオを集団自殺で悪夢に変えてしまった」とも述べており、「自殺」という言葉を繰り返していたそう。

『SO FOOT』では、「スティル監督(の発言)はやり過ぎではないか」とも伝えている。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら