7日に行われたレンジャーズ対セルティックの宿敵バトルは3-3という激しい打ち合いとなった。

故障から戻ってきたセルティックMF旗手怜央は65分間のプレーし、現地で高評価を受けている。

『GlasgowWorld』は、「セルティックが今季のチャンピオンになる11の理由」という特集を組んでいたが、一番最初に挙げられていたのは旗手だった。

「理由その1:旗手ファクター。

怪我から復帰した彼は中盤に欠けていたピースのように見えた。彼のフィットネスを保つことができれば、セルティックはこれまで閉じていた扉を開けることができるだろう」

首位セルティックと2位レンジャーズとの勝点差は1ポイントながら、レンジャーズのほうが消化試合数がひとつ少ない。

海外日本人、欧州から見た市場価値が最も高い11人(最新版)

それでもセルティックが優勝できると考えているようで、中盤に欠けていた旗手の復帰も大きな要因になりえるということのようだ。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」