今季限りでバルセロナの監督を退任するチャビ・エルナンデス。

『A Bola』によれば、記者2人に対して法的措置を講じることを認めたという。

「彼らを訴えるのは本当だ。自分のキャリアでこんなことは一度もなかった。批判なら理解できるが、嘘は許さない。彼らは大嘘をついた、それで十分だ」

訴えられたのは、『AS』と『El Pais』の記者とされている。

世界的スターだったのにヒドい監督になってしまった10名

バルサのロッカールーム内に密告者がいるという報道と、チャビが敵対的なメッセージを個人的に記者に送りつけたという主張が問題視されたようだ。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名