21日に行なわれたワールドカップ予選において、ホームで北朝鮮を1-0と下した日本代表チーム。

本来であればこのあと26日に敵地へと乗り込み、平壌の金日成スタジアムで北朝鮮との試合を行う予定であった。

しかしながら、その試合中に北朝鮮側が「平壌での開催は不可能になった」と通告したとのこと。

その理由については、表向きには「防疫上の問題」とされている。「日本で感染者が増えている劇症型溶血性レンサ球菌感染症の拡散を防ぐため」と発表されたが、おそらく政治的な問題であるとも伝えられている。

『SPOTVNEWS』や『Sport1』によれば、アジアサッカー連盟(AFC)はその直後から中立地開催の可能性を模索しているが、試合が5日後と迫っていることもあって難航しているそう。

また北朝鮮側は26日の試合も日本で行うことを提案したものの、ビザの問題があるために不可能であった。

失踪疑惑の選手も…北朝鮮代表の「ヨーロッパでプレーした」名選手たち10名

日本代表チームは22日に出国して中国経由で平壌入りする予定であったが、急遽足止めを食らうこととなった。

もし開催地が見つけられなかった場合、スケジュールの延期、あるいは日本の不戦勝という扱いになることが予想されているようだ。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」