日本代表はアジアカップの決勝トーナメント1回戦でバーレーンと対戦する。

影山優佳さんは、『ABEMAスポーツタイム』でこの試合で注目すべき日本代表選手について語った。

まずは、1トップに入ることが予想される上田綺世について「上田選手の得点力、ゴールへの嗅覚に期待したい。勝ち切るためには1点以上ちゃんと入れないといけないので」とコメント。さらに、右サイドバックの毎熊晟矢のことも推していた。

「今までの代表戦をもしご覧になっている方がいらっしゃったら、毎熊選手が伊東(純也)選手の外を回り込んで、大走りしたり(走り込んだり)、あるいはディフェンスとして、先に(相手の)攻撃の芽を摘むためにかなり高いラインを作って守りに行く、攻撃の芽を摘むシーンが多く見られたなと思うので。

相手チームも得点を決めに行くなかで、相手の攻撃機会を潰して、かつ毎熊選手のボールが攻撃の起点になるみたいなシーンが多く見られたらいいなと思います」

毎熊は伊東と右サイドで良好な関係を築くなど存在感を発揮している。

日本代表、アジアカップ初戦で評価を下げた4名

影山さんの意見を聞いた槙野智章も「見てるねぇ~。そうなんですよ。前回、毎熊選手が入って非常によかったですからね」と唸っていた。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら