今年5月に発生した事故のため、一時は生死の境を彷徨っていたパリ・サンジェルマンの元スペイン代表GKセルヒオ・リコ。

5月28日に乗馬をしていたところ、不運にも馬に首を蹴られるという事故に遭遇。それによって3週間に渡って昏睡状態に置かれ、命の危険もあると言われる状況となった。

しかしそれからおよそ3ヶ月に渡る入院の末、見事にこの大怪我を克服。8月には退院することに成功し、ピッチに復帰することを目標にリハビリを続けている。

そんな彼が今回、UEFAチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン対ニューカッスル・ユナイテッドの前にホームスタジアムのパルク・デ・プランスに登場した。

スタジアムでセルヒオ・リコが紹介されると、パルク・デ・プランスに詰めかけたパリ・サンジェルマンのサポーターからは「セルヒオ・リコ!」のコールと応援歌が…。

その光景を見てセルヒオ・リコも感激した表情を浮かべていた。

セルヒオ・リコ

「故郷パルク・デ・プランスに戻って、チームメイトとの時間を過ごすことができた。とても幸せだった。

今夜の皆さんの歓迎に感動させられた。溢れんばかりの感情を与えてくれた。本当にありがとう!」

【関連記事】怪我や病気で不運な引退。ピッチを離れた6名のスター選手たち

残念ながら、このパリ・サンジェルマン対ニューカッスル・ユナイテッドの試合ではVARでの劇的なPK判定が誤審ではないかと問題になっているほか、パリ・サンジェルマンのサポーターがニューカッスルのファンを襲撃するという事件も発生。セルヒオ・リコも心を痛めているだろう。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら