インドネシアで開催されているFIFA U-17ワールドカップ。

日本代表は14日に行われたアルゼンチンとのグループステージ第2節に1-3で敗れた。

開始5分に先制ゴールとなるフリーキックを決めたのは、アルゼンチンの10番クラウディオ・エチェベリ。

彼は名門リーベル・プレートに所属する17歳の逸材だ。

エチェベリは『TyC Sports』の試合後インタビューで「非常に手強い相手だった。日本はすごくいいプレーをしていた」と話していたそう。特に後半は日本がいいプレーをしていたため、難しい試合だったと感じていたようだ。

ちなみに、U-17アルゼンチンを指揮しているのは、元代表DFディエゴ・プラセンテ。

【関連記事】日本代表がメッシに勝った!「2010年のアルゼンチン代表伝説スタメン」がこれ

日本はここまで1勝1敗。最終節では2連勝でグループ首位に立つセネガルと激突する。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら