先日行われたUEFAチャンピオンズリーグのミラン対パリ・サンジェルマンで撮影されたある映像が大きな話題になった。

それはピッチの脇にいたデイヴィッド・ベッカムとティエリ・アンリの行動。

人生やサッカーについて話しているとき、ベッカムが持っていたポテトチップスをアンリが全て食べてしまった。

そしてベッカムがそれに気づくと、「マジかい、チップスを全部食べたのかい?」とイライラした表情で聞いた。

それに対してアンリはそっけない態度を見せる…という映像だ。

ただ、これはおそらくチャンピオンズリーグの公式スポンサーである「レイズ(お菓子メーカー)」のコマーシャル。ベッカムも「レイズがなければ試合を見ることは出来ないよ」と発している。

また、ベッカムが持っているレイズの袋は切られたような形で開けられており、さらに彼がポテトチップスのことをアメリカ風に「Chips」と言っていることからもコマーシャルらしさが見て取れる(イギリスでポテトチップスは「Crisps」であり、「Chips」はフライドポテトを表す)。

【関連記事】美の暴力…サッカー史上最強の「貴公子」イケメン10名を選んでみた

コマーシャルだと分かるポイントがいくつかあったため、すぐにこれは広告だと判明したようだ。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら