先日行われたバロンドール表彰式で、コパ・トロフィー(年間最優秀若手選手賞)を獲得したジュード・ベリンガム。

10代でバーミンガム・シティのレギュラーを獲得し、18歳でボルシア・ドルトムントへと移籍。ドイツ・ブンデスリーガでも目覚ましい活躍を見せ、今夏レアル・マドリーへとステップアップした。

1億ユーロ(およそ159.3億円)以上の移籍金が支払われたものの、そのプレッシャーもものともせずに躍動を続け、今やレアル・マドリーでも最高のスター選手の一人となっている。

その表彰式で『L'Equipe』のインタビューに答えたベリンガムは、「好きだった選手」について以下のように答えたという。

ジュード・ベリンガム

「僕はバーミンガム・シティの選手たち、特にウェンブリー・スタジアムでリーグカップを制覇したチームを尊敬している。

自分のヒーローはセバスティアン・ラーション、クレイグ・ガードナー、リー・ボウヤーだった。

それから、僕の最初のお手本になったのはウェイン・ルーニーとスティーヴン・ジェラードだった。彼らがイングランド代表としてプレーしていたからね。

そして、父親はビーチで買った偽物のジダンのシャツを持っていたんだ。どこでもそれを着ていたし、家でもそうだった。

ある日僕は父に尋ねた。『ところで、このジダンというのは誰?』と。『Youtubeで見てみろよ』と言われたよ。

そうしたら、もう止まらなかったよ。ジダンはまさに僕がなりたい選手だった」

【関連記事】ベリンガムは何位?歴史上最も高かった「10代のスーパー若手」

自分が育ったバーミンガム・シティがリーグカップで優勝した2011年のメンバーやルーニー、ジェラードの他、ジネディーヌ・ジダンも好きだったという。

そして現在レアル・マドリーで使っている「5番」の先輩であるジネディーヌ・ジダンは「まさに自分がなりたい選手」であったとか。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら