現地30日にパリで行われた2023年度のバロンドール授与式。

21歳以下の若手選手が対象になるコパ・トロフィーは、イングランド代表MFジュード・ベリンガムに決まった。

20歳になったばかりの彼はこの夏にドルトムントからレアル・マドリーへ移籍。若いながらも代表とクラブで欠かせない主力として活躍を続けている。

そのベリンガムは「チームの勝利に貢献できる人になれることを本当に嬉しく思います。いい一年だったので、とても満足しています。このようなご褒美や感情を得るためにプレーしています。 今季の目標は、レアル・マドリーで全てを勝ちとること。今季の自信はありますよ」」とコメント。

【関連記事】全く期待ハズレだった「サッカーゲームでの超天才若手」7名

そのほか、2位はジャマール・ムシアラ、3位ペドリ、4位エドゥアルド・カマヴィンガ、5位ガビ、6位チャビ・シモンズ、7位アレハンドロ・バルデ、8位アントニオ・シウヴァ、9位タイ ラスムス・ホイルン、9位タイ エリー・ワイという順位だった。

【厳選Qoly】ジュビロ磐田ユースが輩出した「世界規格」の最高傑作5名