7大会連続でワールドカップに出場してきた日本代表。だが、1993年には「ドーハの悲劇」を味わった。

W杯初出場がかかったイラクとの運命の一戦。後半アディショナルタイムに無念の失点を喫し、土壇場で出場権を逃すことになった。

当時の日本代表メンバーだった柱谷哲二、吉田光範、福田正博、北澤豪の4人が前園真聖さんのYouTubeチャンネルで当時を振り返った。

試合はカタールのドーハで行われたが、北澤さんはこんな秘話も明かしている。

「帰りはチャーター機だったのは覚えていて…。

帰りはなんか、勝矢さんが酔っぱらって、CAと野球拳やってた。

やってるCAもどうかなと思いましたけどね(笑)」

DFとしてフル出場した勝矢寿延さんは、帰りの機内でキャビンアテンダント(客室乗務員)と野球拳をやっていたとか。酔ってもいたそうで、悲劇を忘れたかったということだろうか…。

【関連記事】日本代表、絶好調なのに「試練の時」を迎えている5人

なんでも当時はチャーター機や揃いのスーツ、専属シェフ、用具係など色んなことが初めてづくしだったそうで、代表にとって変革期でもあったそう。

【厳選Qoly】スゴいメンバーだ…長谷部誠がプレーした「最強のチームメイト」ベストイレブン

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら