J1昇格を決めたFC町田ゼルビアは28日、来季も引き続き黒田剛監督との契約を更新したと発表した。

今季は安定した成績で昇格レースを独走して首位をキープし続けた町田を指揮した黒田監督は来季もチームの指揮を執る。昨年まで28年間務めた青森山田高監督を退任して、町田監督に就任した。青森の中堅校を高校サッカー界屈指の強豪にまで育て上げた手腕は、プロの舞台でもチーム史上初のJ1昇格に導く結果を出して証明した。

黒田監督はリリースを通じて

「来季もFC町田ゼルビアの指揮を執らせていただくことになりました。
FC町田ゼルビアの一員としてクラブの発展に携われることを心から光栄に思います。
チームが結果を残すことにより、FC町田ゼルビアに関わる全ての人に笑顔を届けられることが私自身一番の幸せです。
J1で挑戦できることに感謝するとともに、これまで以上に勝負に拘り挑みます。
町田市民43万人、そしてファン・サポーターの想いを背負い、チーム一丸となって邁進していく姿を見せられるように頑張ります!
是非スタジアムで応援していただきたいです。来シーズンも共に闘いましょう!」

とコメントした。

【関連記事】J2を席巻する町田ゼルビア黒田剛監督。息子・凱さんが知る「名将の素顔と凄み」とは

高校サッカー界屈指の指導者だった黒田監督は、来季プロのトップディヴィジョンでどのような結果を出すのかに注視したい。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」