17日、レアル・ソシエダの久保建英は古巣でもあるレアル・マドリーと対戦する。

今季ラ・リーガで唯一開幕4連勝を達成しているマドリー。中心を担っているのが今夏加入したイングランド代表MFジュード・ベリンガムだ。

20歳の天才MFは開幕から4試合連続の計5ゴールを記録中。カルロ・アンチェロッティ監督は今季彼の獲得もあり4-3-1-2のシステムを採用している。

世界的スターへの階段を着実に上っているベリンガム。そんな彼は、adidasのスパイク『プレデター アキュラシー』を愛用している。

ゴールの左右両隅を奪うためにデザインされたという「プレデター」シリーズ最新モデル。

しかも彼が現在履いているのは、開幕前にadidasから提供されたホワイト×ブラック×ゴールドというオリジナルカラーの『プレデター アキュラシー.1 L』だ。

レアル・マドリーの今季ユニフォームに合わせたカラーで、残念ながら未発売!販売してほしい人は世界中にいるはず…。

【関連記事】adidasの契約選手で「現役最強ベストイレブン」を選んでみた(2023年版)

今晩のレアル・マドリー対レアル・ソシエダの一戦では、ともにadidasの契約選手であるベリンガムと久保建英に注目だ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名