ガンバ大阪とキットサプライヤーのhummelは12日、視覚障がい者支援を目的とした「点字シャツ」を発表した。ツエーゲン金沢、ジェフユナイテッド千葉に続きJリーグ3チーム目の点字シャツ登場となる。

クラブでは当シャツの売上の一部を視覚障がい者支援につながる活動に役立てる予定。また、選手が着用したシャツのチャリティオークションも予定されている。

Gamba Osaka 2023 hummel Braille Jersey

ガンバ大阪 2023 hummel 点字シャツ

今回発表となった特別シャツはブルーとブラックのユニフォームカラーで、基調に胸部、袖、背中など各部に点字をデザイン。

ガンバ大阪では、地域の人びとがよりよい暮らしを実現するために「SDGsmile」(エスディージースマイル)として、性別や人種、障がいなど、あらゆる違いを超えたスポーツ文化を目指す「ススパンピオカップ」の開催や、音声読み上げ対応を完備した障がい者割引チケットの販売を行うなど、これまでに様々な取り組みを実施している。

全体に散りばめた細かな模様は、サポートするクラブを後押しする声援や手拍子をデザイン。たくさんの手のひらが重なり、スタジアムの喜びをつくり出す様子を表現している。

重なった手のひらと共にクラブのスローガンにもある“青い炎”を描き、熱狂が生み出される様子をイメージした。

シャツの各部にデザインした点字の内容は次の通り。

胸部はクラブ名「gamba osaka」。右袖はホームタウン名「osaka」。背中には「BE THE HEAT , BE THE HEART」を点字と文字で配置。

前面裾部分にはクラブ名を点字加工で施し、浮き出た文字を実際に指先で触って読み取れるようにしている。

この点字シャツは9月24日にパナソニックスタジアム吹田で行われる明治安田生命J1リーグ第28節 浦和レッズ戦で、選手がピッチ入場時に着用の予定。選手が実着用したアイテムは、視覚障がい者支援を目的としたチャリティオークションに出品される。

また、24日の浦和戦は明治安田生命パートナーデー「SDGsmileマッチ~ひとに健康を、まちに元気を。~」と題し、様々なイベントも予定されている。

【関連記事】浪速の青黒軍団!ガンバ大阪「至高の名作ユニフォーム」9選

一般向けには9月24日から9月30日の期間限定で、クラブ公式オンラインショップ、hummelオンラインストアにて受注販売を実施する。

詳細についてはガンバ大阪のクラブ公式ウェブサイトまで。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら