9日に行われたドイツ戦で4-1の歴史的勝利を収めた日本代表。12日にはトルコとの親善試合を戦う。

そのトルコで10番を背負うのは、インテルに所属するMFハカン・チャルハノール。

かつてはミラレム・ピャニッチとともに世界最強のフリーキッカーに君臨していたが、近年はボールの変化もあってか、以前ほどの成功率ではないものの、キック精度は依然として高い。

そのチャルハノールがクラブチームで最後に決めたフリーキックがこれだ(動画27秒から)。

相手GKが一歩も動けない完璧なシュート!

これはミランに所属していた2020年のUEFAヨーロッパリーグ対セルティック戦でのゴール(ミランが4-2で逆転勝ち)。

【関連記事】元Jリーガーが2人!トルコ女性に最も人気だったイケメンTOP11

チャルハノールは弟のムハメドもフリーキックを得意としていたが、父親から熱血指導を受けたという。

また、クリスティアーノ・ロナウドやジュニーニョ・ペルナンブカーノの無回転フリーキックのビデオをよく見ていたとか。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら