リヴァプールでプレーしているエジプト代表FWモハメド・サラーに、サウジアラビアから「クリスティアーノ・ロナウド級」のオファーが舞い込んでいるようだ。

先日から話題になっているモハメド・サラーの去就。関心を持っているのはサウジアラビア1部のアル・イティハドだ。

『The SUN』によれば、そのオファーの移籍金は8600万ポンド(およそ156.7億円)で、年俸はクリスティアーノ・ロナウドの1億7300万ポンド(およそ315.2億円)を超える額であるという。

サウジアラビアではカリム・ベンゼマやネイマールが年300億円付近の額を約束されているが、サラーはそれ以上のものを提示されているとか。

リヴァプールはモハメド・サラーを売り物だと考えていないものの、この提示額を受けてサラー本人はサウジアラビアへの移籍を真剣に検討しているそう。

サウジアラビアの移籍マーケットは9月20日まで開いているものの、欧州での選手登録締め切りが8月31日であるため、もしそれを超えた場合リヴァプールはモハメド・サラーの代わりの選手を獲得できない。

【関連記事】サウジアラビアに移籍した世界的スターで組む爆買いベストイレブン

したがって、もしサラーが退団を希望するようなことがあれば、リヴァプールとしてはできるだけ早い決断と代役の獲得が求められるはずだ。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら