マンチェスター・ユナイテッドからの退団が決まったメイソン・グリーンウッド。

今年2月に性的暴行未遂容疑などの訴えは取り下げられたが、女性サポーターグループからの反発などもあり、ユナイテッドは彼の復帰を断念した。

そうしたなか、『The Sun』は、スティーヴン・ジェラード監督が就任したサウジアラビアのアル・イティファクがグリーンウッドの獲得を検討していると報じた。

サウジはグリーンウッドに1000万ポンド(18.5億円)もの年俸を用意しているという内容。ちなみに、イティファクはサウジのスポーツ省が保有するクラブだ。

ただ、ジェラード監督はこの報道は「FAKE NEWS」だと否定するメッセージをSNSに投稿した(The Sunのニュースを引用したDaily Mailに対して)。

【関連記事】サウジアラビアに移籍した世界的スターで組む爆買いベストイレブン

グリーンウッドについては、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるローマが獲得に興味を示しているとも伝えられているが、この話も真偽が疑われている。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名