サウジアラビアのアル・ヒラルを撃破して、AFCチャンピオンズリーグ優勝を決めた浦和レッズ。

2ndレグのマンオブザマッチに選ばれたのは、守護神の西川周作だった。

DAZNのやべっちスタジアムでは、優勝を決めた2ndレグ直後に選手たちへのインタビューを敢行。

西川は、大久保嘉人さんから試合終盤にオディオン・イガロのシュートを阻止したビッグセーブについて聞かれるとこう話していた。

「(イガロがシュートを打ってきたシーンでは)相手の手をうまく見れたので。

手が上がってたので、対角に来るかなって予測がついたので。彼の手を見てました」

なんとシュートシーンで、相手の足ではなく、手を見ていたという西川。

本人も「(GKならではの)マニアックな話」と語っていたが、そのセーブシーンがこちら(動画6分7秒から)。

守備陣は逆を突かれるも、西川はシュートコースを読んで見事に阻止!イガロが左腕を振り上げたので、自分の右に打ってくると読んでいたようだ。

【関連記事】世界的GKなのに「背番号1」じゃない守護神8人

この話に大久保さんも思わず「手ぇ…。現役中に知りたかったですわ。そしたら手を振らなかったですもん」と驚嘆していた。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら