2022年ワールドカップのアジア最終予選(第5節)でベトナム代表に勝利した日本代表。

ただこの試合も決勝点の1ゴールにとどまった。得点力については、特にセットプレーでゴールを奪えていないことについて記者からの質問が相次いでいる。

ベトナム戦後の会見に応じた遠藤航は、「キッカーを担当する田中碧がまだ合わせきれていないのか?」との質問に以下のように答えた。

遠藤航

「いや(田中)碧はいいボールを蹴っていると思います。僕ももうちょっと(相手選手の)前に先に入ってれば(ゴールを奪えた?)みたいなシーンもありましたし。

マンツーマンでつかれているので剥がすのはそんなに簡単ではないです。相手も必死にやっているので。

もう一歩外して前にいけるかどうかみたいなところは、中の(選手たちの)問題。別に碧のボールはそんなに悪いとは思わないです。

(田中碧のボールはどんな感じ?)
球質は速い。どちらかというと落ちるボールという感覚がありますね。ピンポイントでポイントをしっかり合わせれば得点のチャンスになると思います。」

【動画】伊東純也が決めた「幻のスーパーゴール」

日本代表は、現地時間16日(日本時間17日1時)にオマーン代表と敵地で対戦する。