日本代表チームは11日にベトナムと対戦し、伊東純也のゴールで1-0と勝利。最小得失点差ながらも勝点3を獲得することに成功した。

【動画】オフサイドの判定でノーゴールとなった伊東純也のスーパープレー

南野拓実のクロスから先制点を決めた伊東純也は、試合後『DAZN』のインタビューで以下のように話していた。

伊東純也

「ゴールの場面は、拓実(南野)が裏に抜けたときに、キーパーとの間に走り込んで、いいボールが来たので触るだけでした。

(オフサイドになった惜しい場面は)カウンターで1対1の形だったので、仕掛けて最初はクロスをあげようと思いました。

ただ自分で打てるかなと思ったので、切り返してシュートを選択したらいいところに飛びました。

(3トップの連携について)サコくん(大迫)に入ったときに裏へ抜けたり、拓実がなるべく中でプレーして、自分はサイドで…という関係性でやっていました。

何回かいいチャンスも作れていたしもっと点が取れればよかったと思いますけど、最低限勝てたので良かったと思います。

オマーンにはホームでの借りがあるので、しっかり勝って次につなげていきたいです」