サッカー界屈指の人気クラブ、リヴァプール。名門中の名門だけにチーム内での地位を維持するのは簡単ではない。ただ、退団しなければ…と後悔している選手たちもいる。

ピーター・クラウチ

ピーター・クラウチ

リヴァプールでの戦績:134試合42ゴール

201cmという長身で知られた元イングランド代表ストライカー。2005年にリヴァプールに加入するも、3年後にポーツマスへ移籍した。

後年、「クラブでの最大の後悔はリヴァプールをあまりに早く退団したことだ。でも、状況的に選択肢はほとんどなかった。僕の移籍には全て理由があった。全て論理的だった。他の後悔はイングランド代表だね。42キャップだったけれど、もっと出場できたはずと感じている」と述べている。