週末、YBCルヴァンカップ決勝で使用されるはずだった新国立競技場。

日本政府は2017年、東京五輪後は陸上トラックを撤去し、球技専用とする方針を決定していたが、一転してトラック存続の機運が高まっている。

そこで、陸上競技場からサッカー専用スタジアムへ生まれ変わった世界のスタジアムを10個ピックアップしてみた。

エティハド・スタジアム(シティ・オブ・マンチェスター)

使用クラブ:マンチェスター・シティ(イングランド)

エティハド・スタジアム

≪before≫

エティハド・スタジアム

≪after≫

ご存じ、マンチェスター・シティのホームスタジアム。

2002年のコモンウェルスゲームズ(英連邦大会)に向けて建設され、大会後に改修されてメインロードに代わるシティの“聖地”となった。

2014年~2015に拡張工事が行われ、現在は55,017人を収容する。シティ・オブ・マンチェスターの名が示す通り、所有者はマンチェスター市議会。