5日にエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われたUEFAヨーロッパリーグ、ビジャレアル対マッカビ・テル・アヴィヴ。

この試合の前にビジャレアルの本拠地ビラ=レアルでは大雨が降り、ピッチはまるで川のようになってしまっていた。

そのために試合の開始は順延されることになったのだが、なんと45分でこのように試合ができるまでに仕上げられたという!

阪神園芸ならぬビジャレアル園芸、恐るべし…。

その結果、当初の予定よりは1時間10分ほどの遅れにはなったものの試合はキックオフされることになり、無事に選手たちがピッチでプレーすることができたぞ。