欧州最高峰のクラブに君臨してきたバルセロナとマンチェスター・ユナイテッド。2009年と2011年に激突したUEFAチャンピオンズリーグの決勝ではいずれもバルセロナが勝利している。

ユナイテッドの主力だったウェイン・ルーニーは、当時のアレックス・ファーガソン監督の戦略は失敗だったと述べた。『The Times』でこう綴ったという。

ウェイン・ルーニー

「僕らはジョゼップ・グアルディオラのバルセロナと対決した2度のCL決勝に負けた。

ハイプレッシングを仕掛けて相手を出し抜こうとしてね。あれは自殺的だった。

アレックス・ファーガソンは『我々はマンチェスター・ユナイテッドだ、攻撃に行く。それはこのクラブの文化だ』と言っていたよ。

でも、自分は『あまり確信が持てないな』と思っていた。

選手全員も内心では分かっていたと思う。2008年の準決勝で成功をもたらした策を捨てるのは間違ったアプローチだとね。

 案の定、どちらの試合でも僕らは打ち負かされた」

2007-08シーズンのCL準決勝ではバルサを撃破したユナイテッド。その時は2戦合計1-0という渋い内容だった。だが、そのやり方を捨てて攻撃に出るというファーガソンのやり方は自殺するようなものだったとルーニーは思っているようだ。

その決勝でバルサがユナイテッドを粉砕した衝撃的シーンがこちら。

このシーンは何度見ても圧巻…。

【関連記事】編集部が、最も「衝撃」を受けた伝説のサッカーチームたち

そして、アンドレス・イニエスタが効いている!