新型コロナウイルスの影響で各国リーグ戦が中断、または打ち切りとなっている現在、過去の名勝負を改めて見返せば、学ぶべき点や新たな発見があるはずだ。

そこで今回は、2007-08シーズンのチャンピオンズリーグ決勝、マンチェスター・ユナイテッド×チェルシーを題材とし、近年の戦術的トレンドを振り返りつつ、12年が経った今日も不変である“戦術的要素”を考察していきたい。

名将が施したのは特異な戦術ではなく…

PK戦までもつれたチェルシーとの激闘を制した“赤い悪魔”のスタメンを見ると、懐かしい面々が並ぶ。

マンチェスター・ユナイテッド

フォーメーションは中盤フラットのオーソドックスな4-4-2。

好セーブを披露したエトヴィン・ファン・デル・サールが守護神を務め、最終ラインは右からウェズ・ブラウン、リオ・ファーディナンド、ネマニャ・ヴィディッチ、パトリス・エヴラ。ダブルボランチはマイケル・キャリックと司令塔のポール・スコールズ。

右サイドにバランサーのオーウェン・ハーグリーヴス、左サイドには打点の高いヘディングで先制点を決めたクリスティアーノ・ロナウドが配置され、最前線は献身的な動きが光るウェイン・ルーニーとカルロス・テベスがコンビを形成した。