トッテナム・ホットスパーに所属しているイングランド代表MFデル・アリが、大きな事件に巻き込まれたようだ。

『Daily Mail』によれば、事件が起こったのは水曜部の午前0時頃。2名の武装した男性がロンドン北部にあるデル・アリの自宅に侵入し、時計や宝飾品などを強奪していたっとのこと。

さらに、その犯人グループにデル・アリは暴行を受け、顔面を殴られる被害を受けたそう。

デル・アリの家には長年ともに住んでいる友人ハリー・ヒックフォードや両者のガールフレンドらがいたが、新型コロナウイルスを警戒して別々の場所で生活していたようだ。

なお、幸運にもデル・アリの負傷はそれほど重いものではなく、入院治療を行う必要はないと発表されている。

警察の声明によれば、この犯人グループはまだ逮捕されていないものの、監視カメラによる映像が残っており、捜査が進められているとのこと。

先日はMKドンズ時代にマンチェスター・ユナイテッドと対戦した試合の模様が配信されていたデル・アリ。

これはニック・パウエルに対しての強烈タックル…。Youtubeではフルマッチが視聴できる。

幸いにして今回の事件では大きな怪我を負うことなく、予定通りトッテナムの練習再開には合流することが出来るようだ。

【関連記事】トッテナムが「激安」で買えた大物ベストイレブン

なお、プレミアリーグは6月12日の再開を目指しており、来週の頭にはチーム練習がスタートする。