2018年からユヴェントスでプレーするクリスティアーノ・ロナウド。彼は懲罰としてチームメイト全員にiMacをあげることになっていたそう。

その原因となったのは、CLでの一発退場。CL男と呼ばれるロナウドだが、2018-19シーズンのバレンシア戦でまさかの一発レッドカードを味わった。

『Daily Mail』によれば、ユーヴェGKヴォイツェフ・シュチェスニが自身のポッドキャスト配信でこう暴露していたそう。

ヴォイツェフ・シュチェスニ

「そうさ、僕ら全員がiMacをゲットした。

(プレゼントをくれるまで)とても長い時間がかかったんだ。

彼はあのレッドカードを受け入れられず、何も間違ったことはしていないと主張していたからね。

2か月ほど議論があったけれど、僕ら全員はiMacを受け取ったよ」

当時のアッレグリ監督は、レッドカードを貰った選手に対してチームメイト全員にプレゼントを贈らなければいけないというルールを科していたとか。

ただ、ロナウドは判定にかなり不満だったようで、プレゼントを贈るまでに2か月ほど粘っていたそう。その一発レッドカードシーンがこれ。

この物議を醸す一発退場にロナウドは涙していたとも…。