今夏、プレミアリーグ王者マンチェスター・シティとセリエA王者ユヴェントスとの間でトレードのような形の取引があった。

ポルトガル代表DFジョアン・カンセロがシティへ、そして、ブラジル代表DFダニーロがユーヴェへ移籍したのだ。

そうした中、ダニーロは記者会見でクリスティアーノ・ロナウドとのこんな話を明かしていた。

ダニーロ

「僕らはジョークを言い合って、彼に背番号7が欲しいと言ったんだ。でも、それはすでにとられていた!

彼は笑顔で迎えてくれたよ。彼のようなレベルのスターと一緒にプレーするのはさらなるモチベーションになる。

クリスティアーノはこのクラブはまるでビッグファミリーのようだと話してくれた。そこに本当に惹かれたんだ」

「最終的に自分は背番号13を選んだ。自分は数秘術を信じているからね。

13は新しくなることや新しい何かに向けて広がっていくことを表すんだ」

冗談交じりにロナウドの7番を貰おうとしていたとか。

ロナウドとダニーロ

なお、2人はレアル・マドリーで同僚だった間柄でもある。