イタリア・セリエAに続き、ラ・リーガも延期されることが決定した欧州サッカー界。

『AS』などの報道によれば、多くの国で重要な大会が次々と中断されていることから、欧州サッカー連盟もついにチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの中断を発表する予定であるとのこと。

11日にはリヴァプール対アトレティコ・マドリーやPSG対ドルトムントが行われ、大観衆の中で南野拓実も出場していたが…。

記事によれば、現在UEFAは欧州ビッグ5リーグとの会談を進めており、大会の中断に合意するよう要求しているようだ。

また、UEFAは今夏行われる予定となっているEURO2020も1年間延期することを真剣に検討しているとのこと。

もし延期された場合はクラブワールドカップとUEFAネーションズリーグも1年間中止しなければならなくなるそうだが…。