UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16でバルセロナがナポリと激突した。

かつてディエゴ・マラドーナが活躍したナポリにリオネル・メッシがやってくると試合前から盛り上がっていた一戦だ。

そのメッシはGKダビド・オスピナと激突して、イエローカードを貰うシーンがあった(以下動画3分6秒~)。

これは痛い…!

クロスに飛び込んだメッシのスパイクがオスピナの腹を直撃…。故意ではなかったはずで、フェリックス・ブリッヒ主審からイエローカードを提示されるとやや驚きの表情に(動画3分37秒~)。映像にはないが、メッシは倒れている最中には相手を気遣う様子も見せていた。

その後2人は最後までプレーし、試合は1-1の引き分けで終了。ナポリFWロレンツォ・インシーニェは「メッシのような選手との対決はエモーショナルだった」と述べていたそう。