昨年のラグビーワールドカップの初戦で日本代表と戦ったロシア。

そのロシアのサッカーチーム、ゼニトはウィンターブレイクのためにスペインで合宿中だ。そのゼニト選手がやらかしたラグビーみたいなキック大失敗がこれ!

コロンビア代表MFウィルマル・バリオスが放ったシュートは完全な宇宙開発…。

頭を抱えた彼はチームメイトたちから盛大に冷やかされていた。ゼニト公式も「コロンビアのラグビーチーム、キッカーいる?」とイジっていたほど(ラグビーはクロスバーの上を越えると得点)。

26歳のバリオスは2016年リオ五輪、2018年W杯、2019年3月の親善試合で日本代表と戦ったボランチだ(利き足は右)。

ちなみに、彼に抱きついてイジっていた大柄な選手はロシア代表FWアルチョム・ジュバ。彼は昨年9月にチームメイトとアズムンをつまみ出した際に「もうすぐラグビーワールドカップがある。俺は準備できてる」と豪語していた選手でもある。