昨季のUEFAチャンピオンズリーグで大躍進したアヤックス。だが、今季はグループステージで敗退となってしまった。

また、最終節で目まいを起こしたオランダ代表DFデイリー・ブリントは心筋炎と診断されて離脱することに。彼は昨年12月に心停止を防ぐための機器を皮膚下に埋め込む措置を受けた。

そのブリントは復帰に向けた個人トレーニングを再開したとのこと。

『Ziggo Sport』によれば、父であるダニー・ブリントが「彼はトレーニングプログラムを再開させた。毎日、我々は成り行きを見守っており、次のステップをどうすべきかを確認している。彼はゆっくりと修復する必要がある」と述べたという。

ただ、「もちろん誰もが(復帰を)念頭に置いているが、今はそれについて何かを言うのは賢明ではないと思う」とも述べて、復帰の時期については明言を避けたとのこと。