先日ブラジルの女子リーグでフラメンゴが56-0というスコアで勝利を収めたことで大きな話題になった。

しかし今回イタリアでは「勝ったことで監督を解任した」という珍しい出来事があったようだ。

事件があったのはイタリアのU-18のコンペティションで、インヴィクタサウロというチームが27-0で勝利した。その直後に監督が解任されたのだが、負けた側ではなく、それは勝ったインヴィクタサウロのほうだったのだ。

『sportbible』によれば、インヴィクタサウロの会長パオロ・ブロジェッリは以下のように声明を発表したという。

インヴィクタサウロ会長

「驚いたし、強く後悔している。我々のジュニアチームがマリーナ(対戦相手)に27-0で勝利したと聞いて。

ユースチームの価値は、これとは全く正反対だ。対戦相手を常に尊重し、このようなことを起こすべきではない。

会長として、私はマリーナに真摯に謝罪する。そして我々のディレクターが満場一致でリッキーニ監督の解任を決めたことを発表する。

我々の監督は若い選手を練習させる義務がある。しかし同時に教育もせねばならない。このようなことをしないようにだ」

『ESPN』によれば、マリーナは怪我人の続出によってメンバーが足りなくなっていたとのことで、「リスペクトに欠ける」と苦情を言っていたそう。

ただ、インヴィクタサウロの監督を解任されたマッシミリアーノ・リッキーニ氏は以下のように話し、むしろ手を抜くほうが教育に悪いと訴えたという。

マッシミリアーノ・リッキーニ

「インヴィクタサウロの誰も、相手をあざ笑ったり、屈辱を味わわせようとはしていない。

我々は排他的な意識や悪意を持ってプレーしてはいない。ファウルもほとんど犯さなかった。

子どもたちは十分に状況を理解していた。27ゴールは尊重の欠如ではない。80分間本気で戦い続けるか、相手にゴールを与えるかの違いだ。

真の敗北とは、事実に対する知識なしに偽善や陳腐さ、そして貧しい心を見せることだ」

はたしてどちらが正しいと言えるのか…哲学的な問題である。