ラ・リーガ第12節、ホームでのベティス戦に0-0で引き分けてしまったレアル・マドリー。

何度も得点機はあったものの、最後までゴールを奪えず…。

この試合を欠場したギャレス・ベイルとハメス・ロドリゲスは終了前にサンティアゴ・ベルナベウを立ち去っていた。

2人はスタジアムでの試合観戦は求められていたものの、終了までいなければならないという規定はなかったという。それでも、現地では物議を醸しそうだと伝えられていた。

そうした中、『Libertad Digital』が気になる話を報じている。

ベイルとハメスの振る舞いは無礼だとして、レアルの選手たちは怒っているという。

ジダン監督も認めたように2人はルールを被ったわけではない。ただ、スタッフの多くは彼らの態度に困惑しているという。渋滞に巻き込まれるのを避けるために早めにスタジアムを後にしたという言い訳も無意味だというが…。