現在スポーツ界で力を高めているのが代理人という存在だ。選手の価値が高騰するなか、マネージメントする会社にも大きな資金が流れるようになっている。

そして今回『Forbes』が「世界で最も稼いでいるスポーツ代理人」のランキングを発表した。それが以下の通り。

1位:ジョナサン・バーネット

2位:スコット・ボラス

3位:ジョルジュ・メンデス

4位:ジェフ・シュヴァルツ

5位:ミーノ・ライオラ

1位になったのはギャレス・ベイルやサウール・ニゲスらを担当しているステラー・グループの創設者ジョナサン・バーネット。扱っている契約の総額は10億ポンド(およそ1455.3億円)を超え、彼の手数料収入は9900万ポンド(およそ144.1億円)だった。

そして2位のスコット・ボラスは野球、4位のジェフ・シュヴァルツはバスケットボール界で有名な代理人だ。

サッカー界からは3位にクリスティアーノ・ロナウドやジョゼ・モウリーニョを担当するジョルジュ・メンデス、5位にマリオ・バロテッリやズラタン・イブラヒモヴィッチのミーノ・ライオラがランクインしている。