昨季限りでアーセナルを退団し、現役を引退した元チェコ代表GKペトル・チェフ。

その後は古巣のチェルシーへと戻り、テクニカル&パフォーマンスアドバイザーとして選手を支える立場となっている。

しかしその一方、彼は今回イギリスのアイスホッケーリーグ4部を戦っているギルドフォード・フェニックスというクラブと「選手として」契約したとのことだ。

かつてアイスホッケーをプレーしていた経験を持つチェフは、昨季ギルドフォード・フレイムズというクラブで練習していたことで驚きを与えていた。

【関連記事】「二刀流」を目指して…他競技に挑戦したサッカー選手たち

さらに今回はなんと本当に選手としてリーグを戦うとのことで、もちろんポジションはゴーリー(GK)。チェフの「37歳での新たな挑戦」に期待の声が集まっている様子だ。