かつてトッテナムやミランなどでもプレーしたアデル・ターラブ。

天才的なボールテクニックを持つ一方で判断力に欠け、空気を読めないビッグマウスなども物議を醸した。一時はほぼ消えかけていたものの、30歳にして復活しつつある。

その彼がスパーズ時代のルカ・モドリッチとの秘話を明かした。『fourfourtwo』のインタビューでこう述べたそう。

アデル・ターラブ

「自分でこれを言うのは好きじゃない。

だが、若きタレントだった当時の俺を見たことがある人間に聞けば、多くの人間は(ターラブは)いつかはレアル・マドリーやバルセロナでプレーするだろうと言っただろう。

ルカ・モドリッチでさえ、俺にそう言ったんだ。

だが、そうはならなかった。

他人のせいだけだけでなく、自分自身のせいでね」

モドリッチからもレアルかバルサに行けると言われていたとか。

そのターラブがブレイクしたのは、QPR時代。当時のチームには若き日のラヒーム・スターリングもいた。

アデル・ターラブ

「数か月前、スターリングからメールが来た。

彼がQPR時代のアイドルは俺だって言ってるインタビューを読んだよ。

最近はクリスティアーノ・ロナウドかメッシだろうが、キッズの頃の彼は俺を見ていたのさ!」

当時2部だったQPRでキングだったターラブ。アカデミーに所属していたスターリングは彼に憧れていたとか。