本拠地のスタディオ・サン・パオロが改修工事で使えないため、今季の開幕から2試合をアウェイで戦ったナポリ。

そして14日にはホームでサンプドリア戦、17日にはUEFAチャンピオンズリーグのリヴァプール戦を迎えることになり、新しいスタジアムのお披露目となる予定だった。

ところが、11日午後の時点でサン・パオロのロッカールームはこんな状況になっているそうだ。

これは明らかに未完成…どころか、使えるようになるまで少なくとも数日はかかりそうである。ナポリの報告によれば、これは11日の午後3時半に撮影されたものだそう。

スタディオ・サン・パオロを所有しているのは自治体であるため、ナポリはそれを借りている立場。この状況にどうすることもできないようだ。

ナポリを率いているアンチェロッティ監督はクラブ公式サイトの声明で「言葉が出ない。2ヶ月あってドレッシングルームを改装することができなかった。この仕事をやるべき人々のプロ意識欠如に怒っている」と不満を顕にした。

ビデオの撮影から3日(朝から試合の準備をすることを考えれば実質2日しかないが…)でサンプドリア戦を迎える。どこまで工事が進むのだろうか。