移動手段や通信環境の発達などもあり、日本を訪れる外国人観光客は増加の一途をたどっている。

サッカー界もイニエスタやフェルナンド・トーレスといった世界的な選手の活躍により、日本に関心を示す選手が増えているところだ。

ただ、そんな昨今の“ブーム”以前から日本に興味を持っている世界的なサッカー選手たちがいる。今回は、そんな5名をご紹介しよう。

アレッサンドロ・デル・ピエロ

アレッサンドロ・デル・ピエロ

イタリア代表:91試合27ゴール(1995-2008)

甘いマスクと華麗なテクニックで世界中のファンを虜にしたデル・ピエロ。

彼はサッカー界で一番の“親日家”といっていいだろう。選手の多くが愛する『キャプテン翼』はもちろんのこと、『ルパン三世』のファンであることも知られる。

また、子供の頃には『ワールドプロレスリング』にも夢中となり、2005年に来日した際にはテレビ番組で“ドラゴン”こと藤波辰爾と対面。その際にタイガー・マスクの覆面をプレゼントされ、空港で被った姿は話題になった。

近年もチャリティーマッチなどでたびたび来日しており、東日本大震災が発生した後には日本円にして2000万以上を寄付している。