2019-2020シーズンのプレミアリーグは8月10日に開幕を迎える。今季は一体どんな戦いが展開されるのか楽しみだ。

ここでは、『British GQ』による「今季のプレミアリーグ、ユニフォームランキング」を見てみよう!

なお、寸評は例年通り皮肉満載だがそこはご愛嬌。

20位 エヴァートン

エヴァートン

公平に言うならば、トフィーズはいくらかの賞賛に値する。

個性のないユニフォームにする代わりに90年代のファッションをリバイバルすることを選んだことに。

しかし実際には、ツートーンの格子柄になっている胸部分は皮肉めいたヴィンテージスポーツウェアを思い起こさせる。

19位 アストン・ヴィラ

アストン・ヴィラ

今季プレミアリーグに戻ってきたヴィラ。だが、このユニフォームはデザイナーの下書きフォルダから引っ張り出したようなものに見える。

18位 トッテナム

トッテナム

スパーズの新ユニがいかに味気ないかを考えれば、65ポンド(8600円)という価格はどうかしてる。

確かに同じような価格のユニフォームもあるが、この白地に紺のデザインはまったく創造性がない。

17位 シェフィールド・ユナイテッド

シェフィールド・ユナイテッド

伝統主義の高貴な哲学と、全く尊敬されない「これでいいの?」という態度は紙一重だ。

その不安定な差を晒すことでシェフィールド・ユナイテッドは我がジャーナリスト人生を試してきたが、この一着を支持することはない。