レアル・マドリーでクラブ史上最多得点者となり、ユヴェントスへと去って行ったクリスティアーノ・ロナウド。

このほど、スペイン紙『Marca』からレジェンド賞を授与された。 マドリッドでの授与式ではキッズたちから質問を受ける場面も。

「メディアは対処が楽だけど子供たちは…」と会場を笑わせたロナウド。なかなかおもしろいやり取りをしていたぞ!(以下動画36分13秒から~)。

キッズとのやり取りを一部抜粋してみる。

クリスティアーノ・ロナウド

「(マンチェスターとマドリッド、どっちのほうが恋しい?)

どちらも恋しいよ。でも、人生を変えるような出来事はマドリッドのほうが多かったね。

子供も生まれたし、彼女(パートナー)とも出会った。だから、マドリッドのほうがより恋しいな」

「(EURO優勝がキャリアで最高の偉業?あのトロフィーが最も誇らしい?)

全てのトロフィーが大事だよ。でも、そうかもしれないね。

(EURO優勝は)特別だから。他とは同じじゃない。

国のために何かを勝ち取って、それがとても難しいことだと知っている時…自分のキャリアで最も重要な出来事さ」

「(あなたがレアルを去って悲しかった)

僕もさ(笑)」

「(今年はUEFAチャンピオンズリーグで優勝する?)

分からないな。でも、いつものように挑戦するよ。ユヴェントスが優勝できればいいね」

何度もCLで優勝してきたロナウドだが、ポルトガル代表とともに成し遂げたEURO制覇が最も感慨深いもののようだ。